忍者ブログ

バイアグラ販売

ファイザー製薬のバイアグラの純正薬やジェネリック薬品の激安個人輸入代行販売

ベストケンコー - ED薬でタグ付けをされた商品

バイアグラは3日に1錠の服用を推奨

バイアグラにはインポテンツの症状に応じて、25ミリグラム、50ミリグラム、100ミリグラムと3種類の錠剤が用意されている。基本的にはバイアグラは1日1回、1錠の服用といわれている。

また、バイアグラは長期間継続して服用できることが証明されている。一定期間バイアグラあるいはプラセボを服用している人の中で、服用を途中で中止してしまった人は偽薬では23%であるのに対してバイアグラはたった2.5%であった。しかし、バイアグラを常用していると精神的にバイアグラ依存症になり、バイアグラなしでセックスが不能になってしまうのではないかと考えられている。あるいはごくわずかな人には一時的な頭痛、消化不良などの軽い副作用が見られることから、そういう場合は、2~3日で1錠以上は服用しないようアドバイスしている。

バイアグラを服用したときにみられる軽い副作用について以下にのべていく。次の現象が起こった人の割合はどれも2%以下とわずかであり、バイアグラとの関係はまだ明らかになっていない。

[身体症状]
頭痛、ショック、顔面浮腫、アレルギー反応、無力症、腹痛、胸部痛、寒気、過敏捷、昏睡、湿疹

[心臓血管]
狭心症、AVブロック、瀕脈、動悸、低血圧、体立性低血圧、心筋症、虚血、脳血栓、心臓麻痺、心電図の異常、心筋梗塞

[消化器系における症状]
嘔吐、舌炎、口内炎、歯肉炎、胃炎、胃腸炎、食道炎、結腸炎、口渇、肝機能テストの異常、直腸出血

軽い頭痛が起こる確率は、バイアグラ服用者10人に1人の割合で、幻覚症状は約3%の割合であると報告されている。どちらにしてもプラセボと差はなく、比較的軽症で一過性のものなので心配はいらないであろう。臨床試験の段階で、副作用がひどく服用を中止したのはこのうちの1~2%であった。

この中でたった一例だけ、視覚異常のために服用を中止した患者がいた。視覚異常といっても、色彩への影響だけが顕著に起こっていただけで、明るさや不明瞭な視覚にたいする感受性は向上していた。

また、バイアグラには血圧降下作用があるため、他の降圧剤と併用した場合に血圧がさがりすぎて立ち眩みやショックを起こす可能性があるという。

服用しようとしている男性なら、誰もが持続的勃起症、つまり薬が効き過ぎてずっと勃起したままの状態になってしまうのではないか?と考えるであろう。しかし持続的勃起症になったというケースは今のところ報告されていない。

[バイアグラの禁忌] ~使ってはいけない人~
バイアグラは冠状動脈硬化に対する治療薬としてニトログリセリンのような薬剤を使用している患者には使えない。アメリカではバイアグラの発売から現在までに、心臓病治療薬とバイアグラを併用した患者6人の死亡が報告されている。もともと心臓病に血管障害がインポテンツを引き起こすケースがあり、バイアグラとこれら薬剤の併用の危険性は少なくない。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- バイアグラ販売 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / トラウトルアーデザインラボ「スーパーライズ」
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-