忍者ブログ

バイアグラ販売

ファイザー製薬のバイアグラの純正薬やジェネリック薬品の激安個人輸入代行販売

ベストケンコー - ED薬でタグ付けをされた商品

アメリカで起こったバイアグラ・フィーバー

「バイアグラはグレートだ」

1996年の大統領選で候補者だったボブ・ドール元上院議員が、アメリカCNNテレビのトーク番組に出現し、こう証言した。バイアグラは、アメリカで爆発的な人気となっている世界初の飲んでインポテンツを治療できる薬である。ドール氏は、1991年に前立腺がんの手術を受けている。前立腺がんは、アメリカの男性のがん死の第一となるほど多発しているがんだが、この手術の経験者はインポテンツになることが多い。

じつは、ドール氏は、手術後からバイアグラの臨床試験に参加していたのだという。そして、その効果について、「よく効く薬だと思う。前立腺切除した人には、それほど効果はないかもしれないが、全国に何百万人といるインポテンツに苦しむ男たちにとっては、救いの第一ステップだ」と太鼓判を押したのである。また、「バイアグラのような薬の研究をさらに進めるべきだ」と強調した。

バイアグラは98年4月半ばの発売認可を受けて以来、爆発的な人気を呼び、アメリカの主要メディアが大々的に報道している。テレビ、ラジオはもとより、高級紙や硬派週刊誌も大きく取り上げている。アメリカでは、購入に医師の処方箋が必要だが、性機能に異常のない男性が処方箋を求めて泌尿器科に殺到し、「タイタニック号を上映している映画館と、バイアグラを売っている薬局には列ができる」という現象が生まれた。「女性の性的不感症にも効果がある」とのうわさが流れ、服用する女性も増えている。アイオワ州にある泌尿器科病院の電話交換機は、問い合わせが殺到したためにパンクしてしまった。オンラインショッピングの人気商品にもなっていて、1週間で1万錠を売った会社もあった。

同年4月中の1週間だけで発行されたバイアグラの処方箋は12万枚で、この調子が続けば、年間6~10億ドルの売り上げが見込まれた。もちろん記録的な売上げとなっており、「史上最大のベストセラー薬になる」と言われた。発売元のファイザー社の株価は急上昇し、ドール氏をして「早めに買っておくべきだった」と悔しがらせたほどである。

「ニューヨーク・デーリーニューズ」誌は、法王ヨハネ・パウロ二世もバイアグラにお墨付きを与えていると伝えている。もっともこれは、バチカンの厚生当局者の非公式見解にすぎず、法王とは無関係だった。ヨーロッパやアジア地区でも今後、販売される見通しという。日本でもすでに、アメリカへバイアグラの購入ツアーを計画している旅行業者もあったほどである。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- バイアグラ販売 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / トラウトルアーデザインラボ「スーパーライズ」
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-